節約方法

最新情報

2014年8月26日財テクの話
厚生年金基金の廃止はあるのか?
2014年7月22日財テクの話
ナナコカードとは?今更ですが・・・
2014年7月12日財テクの話
誕生月に高還元率になるクレジットカード
2014年6月15日食費の節約
ポンタカードのポイント
2014年5月3日食費の節約
家庭菜園で楽しく節約

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

厚生年金基金の廃止はあるのか?

私達の高齢化社会を支える方法は厚生年金基金です。しかし、厚生年金基金に廃止の噂があります。果たして真意の程はどうなのでしょうか。

厚生年金基金は実際には財政の悪化が問題になっています。実際に厚生年金基金の多くを廃止しましょうという法案は提出されたのです。

厚生年金基金がもし廃止されたら・・・。

やっぱり事態は尋常ではありません。

厚生年金基金とは、企業が独自に運用して、厚生年金に上乗せして支給している企業年金と言われるもののひとつなのです。しかし実際に厚生年金基金の多くは中小企業が10社程度集まって運営しているものであって公的年金とは性格の違うものです。既に厚生年金基金を受け取っている人たちも今後上乗せして受け取れなくなる危機を向かえます。平均で大体月6000円程度受け取っていることでしょう。掛け金を既に支払いをしている人たちも、将来支払いされる見込みはありません。つまり掛け金をかけているということが無駄な作業なのです。

実際にもしも厚生年金基金がなくなってしまったら、650万人程度の人たちが大きな影響を受けると言われています。厚生年金基金の財政の悪化で公的な厚生年金にまで悪影響が出る可能性があるためです。

年金についてはコチラの本がわかりやすいです。

最新 知りたいことがパッとわかる 年金のしくみと手続きがすっきりわかる本

タグ

2014年8月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:財テクの話

ナナコカードとは?今更ですが・・・

nanacoカードについて今更ながら紹介します。

nanacoカードは、チャージ型の電子マネーです。nanacoと同様のチャージ(先にお金を入金する)タイプで使い方が似ている電子マネーには、WAONがあります。

電子マネーの良いところは、清算のときに小銭を出さなくてもいい点や買い物をするとポイントが貯まっていく点です。貯まったポイントは、電子マネーなどに交換できるので、かなりお得です。

更に、クレジットカードからチャージしてポイントを二重取りとか三重取りとかすれば、消費税アップにも負けない賢い節約ができると思います。現金よりも断然、クレジットカードでチャージするのが良いのですが、クレカの種類によっては、ポイントが付かない場合もあるので自分のクレカをもう一度確認するといいでしょう。

nanacoカードが使えるところは、セブン&アイグループです。セブンイレブン、イトーヨーカドーやヨークベニマルやヨークマート、そごうや西武、デニーズなど。これらの店舗でよく買い物する方は持っていて損はないです。

nanacoのポイントは、100円のお買い物につき1ポイントです。電子マネーに交換する際は、1ポイント=1円となります。

イトーヨーカドーでは、毎月8のつく日になると食料品や衣料品などnanacoカードを使えば5%OFFとなります。大きな買い物のときは、この日を狙うといいでしょう。

ポイント交換やポイントが多く貯まるキャンペーンなど随時実施しているようなので公式HPなど要チェックですよ。nanacoカードを作る際は、店頭の場合、300円の手数料がかかるので、モバイルから申込をすると0円で済みます。また8のつく日にイトーヨーカドーでnanacoカードをつくれば発行手数料0円です。

タグ

2014年7月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:財テクの話

誕生月に高還元率になるクレジットカード

クレジットカードを作る際、重視する事は何ですか?

私の場合は還元率を重視しています。

クレジットカードの還元率は、通常0.5%のところが多いです。クレジットカード発行率が高いと思われるところの還元率は、イオンカード0.5%、楽天カード1%です。高還元率で有名なところでは、リクルートカードプラスや漢方スタイルクラブカードやリーダーズカードなどがあります。このあたりのカードは還元率が1.5%~2%になっています。

還元率は、0.5%の差だけでもかなり違います。

例えば、年間100万円使用した場合。

0.5%還元・・・5,000円
1.0%還元・・・10,000円
1.5%還元・・・15,000円
2.0%還元・・・20,000円

どうせなら沢山還元されたほうがいいですよね。

また、誕生月にポイント5倍になるライフカードというクレジットカードもあります。通常0.5%の還元率なのですが、誕生月には2.5%の高還元率になります。

クレジットカードは、今、普通のショッピングだけでなく医療費や年金、家賃、公共料金などあらゆるもので支払う事ができます。年間100万円以上使うケースの場合は、還元率の高いカードを使ったほうがお得だと思います。

タグ

2014年7月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:財テクの話

このページの先頭へ